光の国

うちには3才の男の子がいます。

お兄ちゃんはその頃、もっぱら電車や機関車が大好きでしたが、

下の子は、ウルトラマンやゴジラなんかの、

怪獣が出てくるビデオを毎日ずっと観ています。



しかも、必ず出ている怪獣になりきって見るのです。

ゴジラが口から青い熱線を吐けば、

彼も必ず「ブハ~ ~ ~ !!」って何かを吐いています。



ウルトラマンがスペシウム光線を放てば、

同時に彼も手を十字に組んで、りきんでいます。



バルタン星人が笑えば、

彼は小さな手をチョキにして「ぶうふぁ ふうぁ ふうぁ」って笑っています。



なんだかな・・・



お兄ちゃんはこの頃ひざの上に座って、一緒に電車の本を読んで遊びましたが、

下の子は、怪獣になって一緒に戦わねばなりません。

お父さんも最近はそこそこ歳を取って来て、

戦いは、3分でカラータイマーが点滅し始めます。

でも、3才の男の子はウルトラマンよりずっと息が長い・・・



せんぞ戦い続けて、お父さんはフラフラなのに、

お風呂に入ると、またいきなりエレキングになって暴れ出します。



この頃の子供たちって、いつも”なりたいもの”があるんですね。

そして子供たちは、何の疑いもなくすぐにそれに”なりきり”ます。

それに比べ僕たちは、大人になるまでに色んな制限を学んできました。



でも・・・ 時には、子供が寝静まった夜。



僕たちの心の中の小さな男の子や女の子も解放してあげませんか?

その子が、本当はどうなりたいのか? 本当は何がしたいのか?

耳を傾けて見てあげてください。

その子は、あなたがこの世界に、本当は何をしに来たのか?

まだ覚えているんじゃないかな?

僕たちの周りに見る、幸せな人や成功した人は、

きっとその子の声をずっと聴き続けてきた人たちだと思う。

僕たちが学んだ制限とは、教わった通りに、

そのまま作り出していた”だけ”なのかも知れない。

本当はこの世界は、

子供たちが見ている様な”光の国”なのかも知れない。

2011.10


Follow me!

おすすめの記事