自分に向けられた 小さな優しさ を見つけた時、
     人の心は 大きな優しさ で満たされていきます。


今日、あまりに天気が良いので、
ふらふらと近くの公園に行きました。
ちょうど、桜も咲きはじめるそうなので(喜)


いつもの公園の大きな桜の木。


でも少し早いかった様で、まだ桜は咲いていません。


だけど、見上げた桜の木の上には、
雲ひとつない青い空が広がっています。


まあいいや、ちょっとだけゆっくりさせてもらおうっと。
 ・・・一日に何度もそんな時間を楽しむ僕ですが(笑)


公園を見渡すと、足元にたんぽぽがひとつだけ咲いてます。


あれっ? たんぽぽもこの季節だったんだ。
たんぽぽも、桜で大騒ぎの”この季節”に咲くのかぁ??

だけど何でひとつだけ咲いてんだろ?
このたんぽぽだけ?

がんばって、早く咲いたのかなあ?
がんばって、まだ咲き続けてるのかなあ?

気分の良い僕は、すご~~く自分よがりな発想をしてしまいます。

 ”あはっ(笑) 僕のために咲いてんだあ~”(喜)    

・・・誰っ 笑ったの!

いいんです! 気分の良いときはどんどん気分を良くしても!


まだ桜が咲いてないなあっ て思う僕に、
たんぽぽががんばって黄色い花を見せてくれているんです。


そんなたんぽぽを見つめる僕は、ますます良い気分です。



優しさって、

もしかすると、

探すものでもなく、

見つけるものでもなく、

ただ、気づくもの なのかも知れません。


一日びっしりスケジュールが詰まってる日の朝、
テーブルの上にそっと置かれている”お弁当”


「最近、お酒飲みすぎてるよ」っていつも言ってるのに、
無くなる前には、必ず買い足されている”いいちこ”(喜)


久々に会って大笑いした友達の、
次の日メールに書かれてくる「ありがとう」の言葉。


たま~に送られてくる幼馴染の「元気にしてるけ?」の短いメール。

時に落ち込む僕を叱ってくれる友人の「やめたらあかんよ!」

毎日休むことなく僕や息子に笑いかける妻。

大空を見上げる僕を支える地面には、

いつもたくさんの たんぽぽ が咲いている・・・

桜の花が舞う前に・・・

そんなたんぽぽの花を見つめる日があっても、いいですよね。


April 5, 2005


Follow me!

おすすめの記事