『 わがままになりたい 』



カウンセリングをしていると、

『自分の気持ちにもっと正直に生きたい』とか、

『自分の気持ちに正直な人を羨ましく思う』とか、

『わたしももう少し自分本位になって見たい』など、


切なる気持ちを抱えて過ごしている方に出会うことが少なくないです。


本当は、相手にこうして欲しいという気持ちがあるんだけど、

本当は、相手を誘いたいんだけど、

本当は、その人に伝えたいことがあるんだけど・・・


相手の状況や気持ちにばかり目が行ってしまったり

また相手が傷ついてしまうのではないかと考えてしまって、

結局自分の気持ちを飲み込んでしまう・・・


それはその人が持っている優しさなのですが、自分の気持ちをずっと我慢し続けるとしんどいし、

知らず知らずのうちにストレスも積み重なっていきます。


またそうして自分を我慢させていると、周りにいる自分の気持ちに素直に生きている人を見て、

すごく羨ましくなったり、時には怒りに近い感情を感じてしまうこともあります。


外の世界を見て『怒りを感じる』 ≒ 自分を『我慢させている』と考えて、

自分の心の中を覗いて見ることも時に大きな発見につながります。


切なる気持ちを抱えている人って、

お話していても優しさが伝わって来たり、配慮深かったり、とっても”いい人”が多いのです。


因みにその切なる気持ちを良く知っている僕も”いい人”です。

という事を伝えたくてこの文章を書き始めたわけではないですが(笑)・・・その気持ちはすっごく良くわかります。


ただ、いろんな人とお話をしていると、僕たち”いい人”だけ(笑)が、そのストレスを抱えているわけでもない様です。

一見、自由だったり、言いたい事を好き放題言っている様に見える人も、

本当はすごくデリケートで周りの人の気持ちを繊細に感じ取っている方も少なくありません。


これは”いい人”たちだけの問題ではないのかも知れない。・・・もういいか(笑)(笑)



最近、カウンセリングやより良い生き方を探求する本の中でも『自分軸』という言葉をよく目にします。


相手がこう思っているだろうからとか、ほかの人がこう感じているかも知れないからなど、

自分以外の人の気持ちを中心に行動したり、何かを選択することを『他人軸』と言います。

これに対して、自分の気持ちを中心にすることが『自分軸』です。


とても大切なことですね。

本当に自分が感じている気持ち、したいこと、欲しいもの を選ぶことは、

僕たちが自分自身の人生を、豊かで幸せなものにするためには根本的な事だということに誰も異論はないでしょう。


でも、これが・・・頭では解っているのになかなか出来ない。


人の気持ちを先に考えることが習慣になってしまっていたり、瞬間的に人の気持ちを優先して行動してしまう。

そんなことも多いのではないでしょうか?

ここには、僕たち自身が自分を”どう”扱っているのか?といことが影響していたり、

子供の頃から、心が経験して来た”物語”が関連していたりもします。


そこに目を向けて、カウンセリングでじっくりと”物語”に取り組むことも面白いし、

また日常生活では、考え方を整理したり訓練したりすることも、ストレスを減らして楽しく生きる『自分軸』を取り戻す有効な方法です。

その考え方や訓練の方法を少し紹介しましょう!



まず一つ目は、


●『 相手の選択肢 』を取り上げない。


あなたが何かを求めたり、誘ったりした時、

それを『 出来る 』のか『 出来ない 』のか?

もしくは『 したい 』のか『 したくないな 』のか?を決めるのは相手です。

でも僕たちはよく、こちらで相手の気持ちを勝手に想像したり、推測して決めてしまっています。

また、何かを伝えて『 傷つく 』か『 傷つかない 』かも、実は相手の心の状態で決まるのです。


もちろん、相手を傷つけようという意思があるならいけない事ですが、

そうでなければ、自分の気持ちを伝えてもし相手が傷ついたとしたら、その時フォローしてあげれば良いのです。



そうしてもう一つは


●『 自分に選択肢 』を与える。


相手や周りの人の状況や気持ちに配慮出来ることは、あなたの大きな優しさであり才能です。

ただ、それを感じて『 自動的 』に行動してしまっていることがストレスを生んだり問題になるのです。


その事に気付けた時はその都度、

『 自分の気持ち 』と『 相手の気持ち 』という選択肢を、目の前に並べて見てください。


そしてどちらも自分が選べることをもう一度確認するのです。

「 どっちも選べるんだよ 」と自分に言ってあげてください。


そうすれば、たとえ今回は『 相手の気持ち 』を優先して何かを選んだとしても、それは自分で選んだことになります。

心は、何を選ぶかではなくて、それしか『 選べない 』と感じている時にストレスを感じるのです。



あなたの優しさや思慮深さを変える必要はありません。

それはあなたが持ち得ている”あなたの魅力”のひとつだから。


ただ、自分の本当の気持ちに目を向ける。

これは毎日の習慣だっり訓練だったりで身につけることが出来ます。


あなたが本当は『 こうしたい 』という感じていることを知ってあげること、

また知ってあげようとすることは、とてもとても大切な愛の行動です。

そして時には自分の本当の気持ちを『 表現 』させてあげて見てください。

周りは、きっとあなたが想像している様な反応にはならないですよ(笑)。



自分と相手の『 選択肢 』のことを思い出すこと。

そして自分の本当の気持ちを『 知ってあげる 』こと。


その二つのことをこれから日々意識して見てください。

きっとあなたも” わがままな いい人 ”になれますよ!!




〇 こころの救急箱 記事一覧 >>

〇 カウンセリングのご予約の方法 >>

Follow me!

おすすめの記事