私たちはそれぞれが”特別な才能と特別な環境”を持って生まれて来ました。


だけど時には、

必要なものがどうしても手に入らなくて、

自分の人生が誰かに見捨てられた様に感じる時。



人生も、自分も、神様も、信頼出来なくなってしまう時もあるかも知れません。

そんな時は、あなたの”特別さ”をもう一度見つめ直してください。



実は”特別”という言葉を、カウンセリングではあまり良い意味で使いません。

自分がこだわっている”特別さ”を手放そうとか、

旦那さんに”特別扱い”されたい気持ちを少しゆるめましょうなど。



「特別でありたい」「特別に愛されたい」そんな想いを誰でも心に持っています。

でもその思いがあまりに強くなり過ぎると、

愛する人の普段の愛情が感じられなくなったり、

また学校や職場など社会の中で、人と壁を作ってしまったり、

孤立してしまったりする事があります。



それは特別でありたい、愛されたい、という想いや願いではなく、

自分が特別な存在でないと愛されない、認められない。と思い込みになってしまっているからです。

心の中で「あるがままの自分では愛されない」と強く思っているから、

自分の力を誇示したり、特別である事にこだわってしまうのです。



そんな状況や問題を抱えた時には、

自分の無価値感(何かしないと愛されないという思い)に、

アプローチをしていきます。



そしてあるがままの自分が愛されるんだという気持ちを育てていく事で、

大切な人との関係を改善したり、周りの人との距離を変えていきます。

文字通り自分が執着している”特別さ”を癒す作業です。



でも今はこの”特別さ”にこだわる事ではなく、

あなたが自然に与えられている”特別なもの”に目を向けていきたいのです。



自分の”特別さ”で過去に苦い経験をした事があるなら、

例えば、子供の頃に何かがすごく上手で、先生や大人たちに”特別扱い”されて、

その事で同級生や友達に嫉妬されたり、いじめられたり。



また、親に色んな愛情やサポートを”特別”に与えてもらったのに、

結局、その期待に自分が答えられなかったと今感じているなど。



その痛みを心のどこかで感じていたり、自分の事を責めていると、

自分が特別だと感じる事を抑圧、または否定しようとしてしまいます。

心は自分の持っている”特別な面”を嫌ってしまうのです。



< あなたが持って生まれて来た”特別なもの” >

カウンセリングでは、現在の人生に影響している心の中の痛みを癒すために、

生まれ育った環境に目を向けてもらう事を良く行います。



似た様な状況はあるとしても、人が育った環境はそれぞれまったく違います。

そもそもその人が生まれた環境とは、良くも悪くも世界の中で唯一の環境です。

同じ家に生まれた兄弟や姉妹でも、何番目に生まれたかで環境は全然違って来るし、

その時代の家庭の状況も違っています。



あなたが生まれ育った環境とは、他にはどこにもない 唯一無二 なのです。

感情や痛みを探す作業は、何かが無かったり、足りないと感じていたり、

その環境のネガティブな面に目を向けているわけですが、

それと同じ様に、人それぞれが経験した環境や状況の中には、

ポジティブな面もたくさんあったはずです。



両親は、スポーツ万能だった。

母親はピアノの先生だった。

父は英語が得意だった。

私の家は経済的には結構裕福だった。etc.



その環境に「有るもの」に目を向けても 唯一無二 です。



そして環境だけではなく、

その人がもともと生まれながらに持ち得て来たものも 唯一無二 なのです。

そう! 特別な環境、特別な存在、特別な才能なのです。

親が金持ち、祖父が事業家、もともとが資産家、両親が才能豊かなアーティスト etc.

それは自分は関係なく周りの人が努力して手にしているものだったり、

状況だったと考えがちですが、

心理学や精神世界の物事の見方では、その環境を選んだのは”自分”です。



またその環境と言う現実を創りだしているのもまぎれもなく”自分”なのです。

どうして、お金に困らない環境を選んで生まれて来たのでしょう?

どうして、そんなに才能豊かな人たちに囲まれた環境を創りだしたのでしょう?

あなたは、本当は何かをするために、お金に困らない環境をを持って生まれて来たのではないですか?

あなたは、自分の内なるものを、たくさんの人に伝えたくてその”方法”に困らない環境を選んだのではないですか?



その特別な環境を、特別な才能をあなたが選んで来たとしたら、

そこにはもっと大きな目的があったのではないでしょうか?



もし今あなたが本当の人生を生きていない様に今感じるなら、

あなたの持って生まれた環境を思い出して下さい。

既にそこにあったものを見直して下さい。



あなたが、あなたの人生で手に入らないと感じているものは、

あなたの人生にもともと”あったもの”かも知れません。

そして今も常にあなたの人生に与えられようとしているのに、

あなたの心がそれを受け取る事を拒んでいるだけなのかも知れません。



Follow me!

おすすめの記事