仕事でも、趣味でも、結果がでない時って、それをする事を 楽しめていない ことが多いです。



【もくじ】

・始めは楽しめていた

・楽しむことだけに焦点を

・楽しいが人を集め、人を魅了する

・楽しむ と決めるだけで

・まとめ



始めは楽しめていた


何かをし始める時って、わくわくする気持ちでいっぱいだったりします。

また、その時恐るおそると言う気持ちだったとしても、

緊張や怖れで自分では楽しんでいるとは思えていないかも知れませんが、

心の中は結構わくわくに近い状態だったりします。



緊張や怖くてドキドキしているのも、実はわくわくと同じエネルギーなのです。



そう、もともとあなたはそれをすることが好きで、楽しめていたのです。

そしてわくわくしていると自然に良い結果もついて来ました。





楽しむことだけに焦点を


でもしばらくして、慣れて緊張感がなくなったり、

またもっと結果を出さないといけないと言うプレッシヤーが増えたり、

成果の方にばかり目が行くようになってしまったり、

すると、心はどんどん”わくわく”からは、ほど遠い状態になってしまいます。



そんな風になってしまった時は、もう一度『 楽しむ 』ことだけに焦点を当てて見ることです。


営業が仕事ならば、

人に”会う”ことを、または人と会っている”時間”を、


何かを作成したり創作することが仕事ならば、

素直に、”作る”こと”創作する”ことを楽しむのです。


仕事の成果や結果、創作する目的、また評価からも少し目を外して、

過程や作業を単に” 楽しもう ”と決めて取り組んで見ます。





楽しいが人を集め、人を魅了する。


もしそれでもそのことを楽しめない時は、

そのこと以外で楽しめるものを見つけましょう。

釣りでも、海に行くでも、絵を描くでも、何でもいいです。

今、出来ることであなたが楽しめることをしてください。


あなたはこの世界に楽しむために肉体を持って生まれて来ました。

あなたが楽しんでいる時が本来のあなた自身なのです。


そして人は必ず楽しいところに集まって来ます。

誰かが楽しそうにしていたら、何をしているんだろう?って近づいて行きたくなるでしょ。

そしておそらく人が集まるから、結果や成果につながることも多いのだと思います。


あなたが楽しんでいるから人が集まり、

あなたが楽しんでいるから人が何かを感じます。





『 楽しむ 』と決めるだけで


では、今「 楽しむ 」と決めてください。

ただ『 楽しむ 』とだけ決めていつものことに取り組めばいいのです。


今、会社に向かう電車の中だったら、

お客様の所に向かうため車で移動中なら、

外の景色を楽しもうと決めて目を向けて見てください。


昼から会議なら会議を『 楽しもう 』と決めてください。

これからお客様と商談なら、商談を『 楽しむ 』と決めてください。

今日一日創作なら、それを一日『 楽しむ 』と決めてください。


あなたが『 楽しめば 』必ず、状況は変わって来ます。

そして『 楽しんでいれば 』必ず、結果はついて来ます。





まとめ


今していることで結果が出なくて苦しい時は、

まず楽しむと決めてもう一度取り組んで見ることです。


すると、結果や評価などそのことを楽しめなくしているものが外れて、

もう一度シンプルにそのことを楽しいと感じられる自分を思い出せるかも知れません。

もしくは、もうやりたい事ではなくなっている自分に気づけるかも知れない。


どちらにしても、これから本当にやりたいこと、楽しめることを見つける事につながります。


そしてあなたが楽しめば楽しむほど、必ず結果はついてきます。





『結果がでないとき』に関するほかの【記事】

〇 あきらめかけた時

〇 成果が上がらない


Follow me!

おすすめの記事