大切な人とのコミュニケーションの時、大事なことって何だと思います?

コミュニケーションと言っても、会話、スキンシップ、SEXなど、いろんなものがあります。



でも今回は、少し距離が出来たり、気まずくなった関係など、

そろそろ向き合わないといけないなあと思う様な状況などでの”話し合い”について考えて見たいのです。



・どうも最近行動に不審な点が多く見られる夫だったり。

・別れると言って実家に帰ってしまっているパートナーだったり。

・家庭内別居の様な冷えた関係にそろそろ結論を出したいと思ったり。



少しイメージが出来るように例えを出して見ましたが、

別にそんな深刻な状況ばかりではなく、

受験なのに遊んでばかりいる息子と少し話をする。でも。

ちょっと羽目を外し過ぎかなと心配になってしまう娘と。でもいいですよ。

大切な人と大事な話をしなければならない時。と言いましょうか。



ではそんな時、こちら側にその話し合いやコミュケーションするに当たって、

自分がどんな”目的”を持っているのか?

自分の心の中に目を向けて見てください。



・「お前が女に現を抜かして仕事もせんと遊び惚けとるんは、もうちゃんとわかっとるんじゃい(怒)」と証拠を見せつけてやる。

>気持ちはよくよくわかるのですが、この”目的”では良い話し合いにはつながっていきそうにはないですよね。


・相手が勝手に責任から逃げて家を出て行ってから、私がどれだけしんどい思いをしたかを知ってもらう。

>これも気持ちはわかるのですが、この”目的”を掲げている時、そもそも相手は近づいて来れるでしょうか?



そうなんです私たちがコミュニケーションと言う言葉を使っている時、

その”目的”が、


・『相手の間違っていることを知らしめる』になっていたり、

・『自分の正しさを解ってもらう』になったり、

・『怒りやみじめさ、不安や心配など自分が抱えている感情を相手になんとかしてもらう』

になってしまっていることが往々にしてあるのです。



少し逆の立場で想像して見てくださいね。


『お前が間違っていたことをはっきりと教えてやろう』とか、

『私の苦しい気持ちを今日はあなたになんとかしてもらいます』

と言う会議に出たいと思いますか?



話はそれますが、

企業のクレーム処理などの業務をされた事のある方は、

このようなニーズを扱ったり、訓練をされたりした事があるのではないでしょうか?



ただ、今話しているコミュニケーションは、

商品を取り換えてもらったり、返金してもらうためにしているわけではありません。

大切な人と、お互いの気持ちを理解しようとしたり、また共に前に進むために話し合うのです。



前に書いたような気持ちを持っていてはいけないと言うのではありません。

許せないことを受け入れなきゃと考える必要もありません。



色んな気持ちを持ちながらも、あなたの本当の”目的”からそれてしまっている事に気付くだけで、

コミュニケーションに向かう姿勢は随分変わってくるのではないでしょうか。


大切な人との大事なコミュニケーションの時、必要なこと!


●相手をまず【 安心 】させること。


相手が自分の気持ちや考えを素直に表現できる場を作るために、

安心させる言葉や安心させる努力をして見てください。

そしてもうひとつは



●相手の話を純粋な【 興味 】で聞くこと。


相手がとうしてそう感じたのか?

どうしてそんな行動をしたのか?



あなたの立場や感情で判断せず、出来るだけ「なんでそうなんだろう」と純粋に興味を持って聞いて見てください。

すると相手は、本当に感じている事や考えていることを話易くなります。



心の中にある気持ちや考えている事を外に表現出来たら、

必ず、相手の心の中には、こちらの気持ちや感情を聴いたり受け入られる空間(余裕)が出来て来ます。

そしたら、あなたの気持ちや考えていることを伝えてください。



一旦コミュニケーションが始まって、例えばそこで言い合いになったり喧嘩になったとしても、

それはコミュニケーションの一部です。

よりお互いを解り合おうとしているのだと考えてください。



今あなたがその人と向き合おうとすること。

それは本当にすごく勇気のいることです。

まずはそんな自分を大いに誉めて認めてあげてください。



お互いと向き合えば、

今まで知らなかった相手の気持ちにも、自分の気持ちにも気付けます。

そして、お互いが前に進む道が必ず見えて来ます。


【 安心 】と【 興味 】


この言葉を頭の片隅に置いて、

コミュニケーションに挑んでください。





Follow me!

おすすめの記事