こんなに太ってる自分は好きになれない。

何の取り柄も無い自分など愛せない。

人と上手く付き合えない自分はダメな人間だ。



自分を愛せない理由に目を向ければ限りがない。



「こんな事をして意味があるの」

「結局何をやっても自分を好きにはなれない」

「馬鹿らしくて」etc.



知っていた?



『自分を愛している』と言葉を繰り返す事を、

止めてしまうのは”心の抵抗”だった。



いつからか僕たちは自分を愛せない存在だと思い込んだ。

大切な人に見捨てられたと感じた時、

自分が愛してもらえないと感じた時、

愛している人を自分が喜ばせてあげられないと思った時、



僕たちは酷く傷ついた。

そして自分を嫌い始めた。



でもそれは、



自分が欠けていたからだろうか?

自分に何か足りないところがあったからなのだろうか?

本当に自分が愛するに値しなかったからだろうか?



いや違う、



僕たちが愛して欲しいと願ったその人は神様ではなかったんだ。

人生で色んな悩みに出くわした時、

自分自身と向き合う時が必ず来る。



誰かのことを許そうとする事、

誰かを受け入れようとする事、

その人の価値を見ようとする時、

その人の気持ちを知ろうとする時、

それは、結局すべて自分を愛することを学んでいる。



幸せになること。

成功すること。

豊かになること。

喜びに満たされること。



すべて自分を愛することから始まって行く。

僕たちはいつも自分のことを誰かと比較する。



でももし神様がひとつの経験だけを求めていたのなら、

この世に人は一人だけいれば十分だった。

この世界にひとりとして同じ人はいない。



もう一度自分のことを愛そう。

自分を否定するどんな言葉にも騙されないで。



自分をすべて受け入れて見よう。

自分のすべてを愛した時、

周りに広がる世界がどんな風に見えるのか確かめよう。


明日嫌いな自分に出くわすかも知れない。

でもそしたらまた『愛している』と言い続ければいい。



一生かかるかも知れない。



でもそれだけ壮大な意味がある。

『自分を愛している』すべての答えがそこにある。





Follow me!

おすすめの記事