少年は いつも窓の外を眺めていた

青い空に浮かぶ 大きな雲を

暖かい風に揺れる 木々の枝を

赤く焼けた空に沈む 眩しい太陽を

紫の空にひと際輝く 小さな星を

少年は いつもひとり眺めている

きっと 彼はそんなに大きな夢を望んでいるわけではないのだろう

かつてあった幸せを かつてあった暖かさを かつてあったつながりを

そんな場所を ただ思い出しているのだろう

ただそこに帰れることを 夢みているのだろう

そして少年がその夢をあきらめ 歩き出したとき

人は 彼が大人になったと言う

大人の僕たちは 少年が見ていた夢をこころの奥に秘め

いまだに 右往左往しているくせに






Follow me!

おすすめの記事