最近、

感情の『ゴミ出し』をしましょうとか、

感情を『吐き出そう』『書き出そう』『手放そう』という話を、

特によくしている様な気がするので、

今回は感情を『手放す方法』をひとつ紹介したいと思います。



* *



感情を『手放す』ことがテーマですが、

感情を手放しておいた方がいい時ってどんな時でしょう?



・ある人に対して心の中にいろんな感情を抱えてしまっていて、

顔を合わすのも嫌だったり、怖かったり、避けたかったりする様な時。



・相手が、仕事の大きな取引先の人だったり、

また職場の人や仲間など毎日顔を合わす人であっても、

その人に会う事にすごく緊張してしまう様な時。



・パートナーや彼氏彼女に対して、今少し距離があり、

相手にいつか怒りをぶつけてしまいそうに思えたり、

このままだと関係性が悪くなってしまう様に感じる時。



など、あなたにとって大切な人なのに、

その人に対して何かネガティブな感情を抱えている時には、

自分の感情を吐き出したり手放しておく事が、

その人との関係を良好にしたり、

その人との新しい関係を作るためにすごく有効な方法です。



また、特に対象になる相手があるわけではないけれど、

最近なんだかしんどい、とても苦しいと感じる時も、

感情を感じて手放すと心が楽になることがあります。



これは、心は感情を”感じる”から苦しいのではなく、

実際にある感情なのに”感じまい”と頑張ったり、

感情を”否定している”時に苦しくなるからです。



そして感情を手放そうとする時には、

自分が何を感じているのか?

本当はどんな気持ちでいっぱいなのか?

素直に、正直になる事がすごく大事です。



自立している人や、

自分を強く律している人はとくに、

自分が何かを恐がっていたり、ずっと寂しさを抱えていた事など、

知らなかったり、また認めたくなかったりもします。



心の中に持っていて恥ずかしい感情や弱い感情などありません。

怒りでも寂しさでも悲しみでも罪悪感でも怖れでも、

自分が感じている感情をまずは知ろうとしてください。



では、実際に感情を手放していきましょう。

【感情を手放す】 


~イメージワーク~


ゆっくりと座り深呼吸をしてください。

深く息を吸って、吐き出す時に体の力も一緒に抜けていきます。


息を吐き出すたびに体の色んなところの力も抜けていきます。


肩の緊張が抜け、腕が自然に重く感じて、足や腰の力も抜けていきます。


身体も心もどんどんリラックスしていきます。


こころにもからだにも気持ちよさが広がっていきます。



では今、あなたがキラキラと白く輝く、

きれいな砂浜に立っているところをイメージしてください。

目の前には穏やかで平和な海が遠くの方まで広がっています。



服を脱いで浅瀬に座り、海の水のやさしい波にからだを委ねて見てください。

頭の上を見上げると深く青い空が広がり、無限の宇宙に繋がっていることが感じられます。

この世界に神様が存在がするということを、心が信じるのを許してあげてください。



では私の心の中にある感情を認め、そして手放して行きましょう。



私の中の怒りを認めて下さい。

そしてもうこの怒りはいらない。そう言ってください。

私の中から怒りという塊が飛び出して大空に髙く吸い込まれていくのを見て下さい。



怒りの塊は遠くに遠くに、そして小さく小さくなって、

やがて神様の手の中で消えてなくなってしまいます。

清らかで透き通った海の水が私の中に入ってくるのを感じてください。



そして私の心の中にある罪悪感という黒い塊を溶かしていきます。

黒くなった水は私の中からしみ出して、広大な海に薄まりやがて透明に戻っていきます。

私の中の黒い塊がどんどん溶かされ小さくなっていくのを感じてください。


今度は私の中にある心配や不安そしてすべての怖れを固めて大きな塊にしてください。

それを両手で抱えて神様に差し出してください。

私はもうこの怖れはいらない、私はこの怖れにもう惑わされない。

そう神様に伝えて下さい。

神様はその大きな指でその怖れの塊をつまみ取って

神様の手のひらの中でぼっと小さく燃えてなくなってしまいます。



神様がこちらを見てやさしく微笑んでいるのを感じてください。

優しく温かい水が私の全身に沁み込んで来ます。

その温かさは女神さまの手の様に、私の中にある寂しさを抱きしめてくれます。

そして女神さまの手は私から悲しみを取り去り持っていってくれます。



私はすべてを手放し、私の心の中は穏やかで今平和で満ち溢れています。



* * *



感情を手放すこと、

それは日常生活で溜まったゴミやいらないものを手放す作業に似ている様に思います。

いらない感情を手放すことを日々の日課にして見てください。





Follow me!

おすすめの記事