今 僕達の周りに ある もの
今 僕達の周りに ない もの


自分の目をどちらに向けるかで、心の状態は変わります。


「無いもの」 時間の余裕、お金の余裕、パートナーの思いやり・・

無いものに目を向けると、たちまち心は乱れ荒れてきます。


「有るもの」 仕事、食べ物を買えるお金、毎日傍にいる家族・・

有るものに目を向けると、自然と心は落ち着き感謝の気持ちがでてきます。



「 感 謝 」


この言葉。


僕は、物心ついたころからよくよく知っています。


人に物をもらったら「ありがとう」って言いなさい。
人に優しくしてもらったら「ありがとう」って思うのよ。


ほんの小さい頃からずっと教わってきた言葉です。


僕の人生でこの ”感謝” という言葉を、
痛烈に思い知らされた瞬間がありました。


妻が子供を連れて出て行ってしまった そんな日・・・


僕は、仕事も何も手につかず。
なんとか心を、平静にたもとうとあらゆる本を読み漁っていました。


そこに書かれていた言葉・・・


「 今、あなたの周りにあるもの全てに感謝しなさい 」


・・・今の僕のまわりに何があるって言うんだ。
   中身が全部ぬきとられて、何も入ってない洋服ダンス。
   もう家族と一緒に見ることの出来ないテレビ。
   二度と家族とともに囲むことのないテーブル。

   もう二度と子供と遊ぶことが出来ない、 
   部屋にひとつだけ忘れられたおもちゃ。

   いったい今の僕は、何に、何を、どれを、感謝しろと言うんだ!!

   そんな怒りとともに、本を投げ捨てた僕・・・



何一つ変わってなかったんですよね。
家族がいなくなる前の僕と。


家族を充分楽しませてあげられないお金。
いくら愛してもらっても充分だと感じられない妻からの愛情。
必死に頑張っても周りに認めてもらえない事。


ずっと、ずっと、ずっと長い長い間、
無いものばかり、無いものしか見ていなかった自分。



「 感 謝 」


そんなありきたりな事が、本当に難しく思える時があります。


今、僕は時々目をつぶって、こんなイメージをしてみます。


真っ暗闇の中に、僕の意識だけがあります。


光はなく・・・
音も無く・・・
暖かさもなく・・・
もちろんそれを感じる身体もない・・・


ただ僕の意識しかない世界。
そんな世界を感じてみます。
何もない世界でしばらく過ごしてみます。


そして、しばらくして静かに目を開けて見ます。


目の前にあるスタンドの光りを感じます。
ずっと遠くから送られてくる電気というエネルギーのことを考えて見ます。


今僕を支えくれている椅子に意識を向けて見ます。
今自分の周りにある机、パソコン、電話、すべての物を見てみます。
すべて僕の周りに存在してくれている物です。


隣の部屋に意識を向けて見れば、
結婚して年月を重ねるたびに偉そうになる妻が、
でもどこか優しい妻が寝息をたてています。


その横には、ますます偉そうに振舞う息子が、
これまた寝息をたてています。


そして、しょっちゅうヒヤリとさせられるけれど、多少はあるお金。
時には焦りを感じさせてくれるけれど、確かに存在する時間。


意識を広めてみれば、
僕のことを応援してくれている人たち。
僕のことを信頼してくれている人たち。


こんな長い文章をくじけずに読んでくれているあなた。”ありがとう”


すべて、今僕にあるものです。
今、僕の周りに存在してくれているのです。


今、あなたの周りにあるものに目を向けてください。


そして、それを感じる事の出来るあなた自身を見て下さい。
考え、悩み、感じる事の出来るあなたの存在を見て下さい。


あなたも僕も今ここに確かに”有る”のです。
あなたも僕も今ここに間違いなく”存在”するのです。


たくさんたくさんの存在に囲まれながら・・・”ありがとう”


「 感 謝 」


あの頃投げ捨てた本にこんなことも書かれていました。


「 今あるもの それを感じ心から感謝できたなら
  必ず 必ず 必ず それは 増え続けていくと・・・ 」






Follow me!

おすすめの記事