夫婦でも、職場でも、誰かとの関係でも、

もう嫌っ。絶対離婚、辞める、その人とはもう関わらない。

そんな風に思う瞬間って・・・  あると思うんです。



裏切られたり、理不尽な扱いをされたり、相手に耐えられなかったり、傷ついたり etc.



どれだけ強く生きている人も、胸の中には生身の心を持っています。

傷つくことも、怒りを感じることも、許せなくて苦しむこともあります。

そんな時、もうダメだ。って・・・



いいじゃないですか、今まで頑張って来たんだから、

ずっと我慢して来たんだから、

まずは頑張って来た自分に『よくやった』と言ってあげましょう。



誰かのためでも、自分のためでも、

世間体のためでも、辞められなかったからでも・・・ 何でもいいんです。

どんな理由でも、しんどいのを頑張って来たんだからまず自分を誉めてあげる。



子供が頑張って勉強した時、部活を頑張った時、ダンスの練習を毎日頑張ってる時、

それが自分のためでも、誉められたいからでも、やらなきゃいけないからでも、

どんな理由でも頑張った時は、ちゃんと認めて誉めてあげるでしょう?



それと同じです。

あなたのことも認めてあげてほしいのです。

『よく頑張った』と自分自身に言ってあげてほしいのです。



そうすれば子供たちの心のように、

あなたの心も、一番分かって欲しい存在に分かってもらえたと感じられるでしょう。

もしかすると、僕たちは”嘘のつけない自分”に本当は一番認められたい。

そう思って頑張り続けている。そんな存在なのかも知れません。






さあ、目を閉じて、ちゃんと言葉にして自分に伝えてください。

『よく頑張ったね』って・・・





そして、心の力が少しでも抜けて、

もう一度”そこ”に向き合おうと思うのなら、それも良し。


心が落ち着いて、

辞めることを決断出来そうなら、それも良し。


でも・・・、とてもとても辛いけれど、今どうしても辞められない。

そんな事情がある時は”期限”を決めて見るのも”あり”だと思う。



期限を決めることは、夫婦の問題でカウンセリングに来られた時によくする提案なのですが、



旦那さんが家を出て行って帰って来ない。とか、

相手が不倫している。などなど、



心の中は、怒りや憎しみ、また寂しさや惨めさ、悲しみも、

ありとあらゆる感情にさらされます

そして今すぐにでも別れたいと言う気持ちと、出来るならもう一度やり直したいという相反する気持ち、

あらゆる気持ちが一日中行ったり来たり・・・。



そんな心の状態にずっと耐えていかないといけないと感じたら、心は壊れてしまいそうです。



そんな時はまず”いつまで”頑張るか期限を決めてもらいます。

もちろんその時間を使って、自分が本当に幸せになるための取り組みをしてもらうのですが、

これから”ずっと”この苦しいのを感じ続けないといけないと思うのと、

とりあえずでも”いつまで”と決めて向き合うのでは、心の負担が随分違うんです。



今、辞めたいけれどやめられない関係、職場、夫婦 etc.

苦しいけれど、いつまでなら頑張れるか?一度自分と相談して見てください。



そして今、辞められないなら、ここまでなら頑張れるかもって決めた日まで、

とりあえずは頑張って見る。

そしてその日が来たら、その日にまたそれからどうするかを考える。



それでいいんじゃないのだろうか。



そしてその間、自分の本当の幸せに取り組んでいると、

その問題が問題でなくなっていることもある。

新しい幸せや目標に出会っていることもあるんです。




ただ、あなたが今経験している惨めさ、悲しみ、悔しさ・・・

それは、そのすべての苦しみは、決してあなたの人生の無駄にはならない。

決して。




〇【こころの救急箱】記事一覧>>

〇 吉原のプロフィール>>



Follow me!

おすすめの記事